2013年1月 1日

謹賀新年 巳年

 あけましておめでとうございます。

 昨年末,3年前に多くの改革を公言して成立した民主党政権が崩壊し,あの頃に多くの批判を受け続けていた自民党が政権奪還を果たしました。小選挙区制の功罪はさておき,日本の現状を考えると,とにかく政権政党には,数多くの政治的諸課題の解決に向けて迅速な処理をお願いするばかりです。小選挙区制の問題点を指摘する声もあるようですが,かつて散々選挙制度の改革を議論して時間を潰し続け,政策実行を後回しにして来たのに,また選挙制度として何が良いかが政治テーマでは,空しさしかありません。今の日本の窮状は,国民の国家感や戦後教育や日本国憲法のせいなのでしょうか。はたまた戦後の日本型資本主義や大企業のせいなのでしょうか。経済や社会保障制度の立て直し,日本型官僚機構の改革,他国との関係調整などの今日的政治諸課題は,新保守であろうがリベラルであろうが社民であろうがその他であろうが,抽象的なイデオロギーでは解決できないと思います。ある呪文を唱えれば複雑な今日的問題が一挙に解決するかのように煽る政治家は,信用できません

 さてさて,経済の先行きも未だ甚だ不安定で,しかも仮に表向きだけでも好転すれば直ちに消費税の増税が待ち構えている中,私たちは,愚直ですが,今できるそれぞれの仕事をそれなりに明るく元気に頑張って行くしかないようです。

 とにもかくにも,皆様にとって良い年になりますよう,お祈り申し上げます。
 

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ritsu.jp/blog/mt-tb.cgi/63

コメントする