2020年6月10日

新型コロナへの対応



 
  緊急事態宣言の解除後も,東京では毎日相当数の感染者が確認され,また感染第2波への警戒も叫ばれています。しばらくは,嫌でも,新型コロナ感染防止を意識した社会生活を強いられそうです。そこで,当事務所でも,来所される方々への配慮として,当面の間,以下の対応をします。 
 
  事務所では,出入口にご来所者に自由に使っていただくアルコール濃度83%の薬用ハンドジェル(医薬部外品)を置き,面談場所の接客卓にはアクリル板の仕切りを設置します。また,ご来所の直前・直後に,その都度,室内の十分な換気と抗ウイルスを謳う液体スプレーやシートなども使った清掃を徹底します。その他,ドアノブやドアホンの押ボタンなど人が触れる箇所も,1週間持続の抗ウイルスを謳う液体スプレーやシートを使ってこまめに拭きます。 
  面談場所では,面談時に,大きな窓を開放するか,気温,天候,外からの雑音などによりやむを得ず窓を閉め切る場合には,すぐ横で適用床面積40畳(66㎡)の加湿機能付空気清浄機を稼働させ,事務所全体でも執務場所での加湿機能付空気清浄機の稼働,サーキュレーターによる空気の拡散,加湿器による湿度調整なども行います(もっとも,ご来所者が,外からの暑さ寒さや雑音などの遮断よりも換気をご希望であれば,大きな窓を開放します)。
  
  なお,ZoomやTeamsなどを利用したWEB会議にも対応できますので,ご希望があれば,ご相談ください。  

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ritsu.jp/blog/mt-tb.cgi/81

コメントする