2008年1月19日

消費者保護3法の一本化

政府が,消費者保護に関する法律のうち,重複分野などがある
消費者契約法,特定商取引法,不当景品類及び不当表示防止法の3法を
一本化する方向で検討に入ったとのことです。

消費者契約法は,
一般的な消費者と業者間の契約全般に関するルールを定め,
特定商取引法は,
訪問・通信販売など特にトラブルの多い分野での
強引な勧誘などの行為を防ぐためのルールを定め,
不当景品類及び不当表示防止法は,
消費者に誤解を与える不当な表示や広告などを禁じるルールを定めています。

続きを読む "消費者保護3法の一本化"